天使の一般的なイメージ

When I saw the angel

天使の姿が同じ

天使の姿を思い浮かべた人は、一対の翼を持った金髪碧眼の女性をイメージする人もいれば、少年少女どちらとも取れない姿の幼い姿の天使をイメージする人もいると思います。

 

これらのイメージの中で何がもっとも正しい天使のイメージなのか調べてみると、私が調べたところでは、決まった天使の姿は存在しないのではないか、という結論に至った。

 

その理由としては、天使という存在が様々な宗教で神の使いや人を導くものや。神々の国への案内役であったりと表現も違えば、その姿も違っている。

 

しかし、不思議なことに、この天使のイメージでは翼を持った者がかなりの数で存在するのに気が付いた。
翼の数などで違いはありますが、天使=翼を持った者として表現されています。

 

これには色んな説がありますが、私的に一番しっくりとした説が、天国や天界など全て神様がいるところが高い場所だから、といった理由で空を飛ぶために翼が必要だったといったものです。

 

確かに翼=空を飛ぶことが出来るとイメージがしやすいですし、天国や天界といった目に見ることが出来ないものを想像することも出来ます。

 

宗教的な解釈を入れるとさらに天使の役目は細分化されて役割も違ってきます。
さらに、最近では天使のイメージがゲームや空想世界からの影響で変化もしています。
これらの中から"本当の天使"を見つけるには自分で確かめるしかないのでしょうね。

ホーム サイトマップ